×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




I lost way, you lost me?




 失ったものは二度と手に入らない。――そう気付いたのはずっとあと。
 傷付いたロザリオは未だにてのひらに。


 あまりにも愚かで、あまりにも下賤。何故気付かなかったのか、何故気付けなかったのか。気付くには遅過ぎて、忘れるには早過ぎる、深過ぎる。すべてが届かなくなってから、気付いた。抱くのは憎しみか、哀しみか。あまりにも真白な想いがそうさせた、どうしようもなかった。我侭な思考が狂ったように泣いている。
 逃げられない狂気。否、……狂喜?
 桃色の雪が君のいない景色に溢れて狂い咲く。あの時確かに感じた熱はもう殺められた過去のもの。

 失うことが怖かった。亡くすことが怖かった。力なく崩れ落ちるからだ、あたたかみを失ってゆくてのひら、白く蒼くぬけてゆくはだ。眼裏に浮かぶ幻想を恐れて、仕方なかった。
 死を恐れたことなんてひとつもなかったのに、失くすことが怖くて、痛くて。それはある意味初めての生への執着で、失いたくなければ護れば良かったのに。
 護ることなんて知らなかった。
 他のものの手で殺められるくらいなら、せめて我が手で。

「春が着たら又此処で逢おう」
 春は君には来なかった。
 薄紅の花吹雪、振り返っても君はいない。
「過ちは償える」
 償うべき過ちは降り続け、罪は消えずに澱んでゆく。
 重ねた罪は手を穢していって、それは何よりの罰になり。
「――わたしはあなたを、」
 終焉の笑みは何を意味するのか。
 簡単に動かなくなったからだ。徐々に失われてゆく熱。すべてがなくなって、消えていって、それなのに、想いだけは残って。
 死を恐れて泣けば良かったのに。裏切りを、すべてを罵れば良かったのに。――ああ、どうして君は笑ったの。いつものようにあたたかな笑みは何よりも痛くて、苦くて。置いてきた筈の感情が嘲笑うように責め立てて、すべてが判らなくなった。
 時が経っても判らない。君がいなくなって、消えてしまっても、判らない。

 名も無い墓標が並ぶ中、ロザリオの掛かる石碑。
 君の眠る静かな遺碑を木漏れ日が射し、鈍くかがやく。
 君のいない空、君のいない風。
 失くしたものは、もう還らない。どこで失くしてしまったのか、どこで壊してしまったのか。

 嗚呼、愚かな狂気、知る由も無い。



fin




>置いてきたもの>Lost child

 まいご。ちゃっかりアサプリ(♂♀←ぶっちゃけ男女でも百合でも薔薇でもどれでもいい)で御座居ます。
 暗殺者と聖職者がおりました。
 二人は殺し合いなど、そんな殺伐とした世界とはちがう中、仲良く(?)していたのですが、あるとき暗殺者はその聖職者を殺さなくてはならなくなりました。自分が殺さなければ、他の仲間が聖職者を殺します。ならば、せめて自分の手で。――そんなおはなし。
 失う迄気付けなかった想い。

 置いてきたのは何でしょう。




 因みに頁タイトル文はELTのキヲク。懐めろ(というほど古くもない)

 2005/0502 sawakei